事例 太陽電池 温度測定し、記録するシールなど|高温・低温・真空など特殊環境下で温度測定

温度ラボとは? 温度シールQ&A 温度シール 使用上の注意 会社概要 連絡先 温度ラボのサイトマップ
ホーム news かんたんナビ 温度から探す 温度測定製品一覧 温度シール(不可逆) 温度シール(可逆) コールドチェーン温度管理用 温度ロガー 凍結検知インジケーター 温度インク 温度分布測定フィルム 耐熱テープ カスタマイズ 事例・ケーススタディ

home > 事例 一覧 > 事例 太陽電池

事例 太陽電池

太陽光発電システムの温度測定管理

真空炉内温度測定-vacuum
真空用・貼るだけで正確に温度を記録します。

太陽光発電システムでの温度管理・メンテナンスに使われる、
貼るだけで温度を記録できる温度シール・太陽光パネル用サーモラベルです。


太陽光発電システム

事例

事例1:パネルのコネクターの温度管理
事例2:端子ボックスの温度管理(端子ボックスに温度シール貼付)

効果

モジュール不具合の特定
異常が発生したモジュールをその場で判断特定・検知
製品異常の高熱発生管理
太陽光発電システムの温度測定
不具合の見逃しによる損失を可能な限り回避
ホットスポット現象の検知
ソーラーパネルの故障部を早期発見
高温曝露温度
太陽電池異常の際のコネクタ部分を目視で簡易検知。

局所発熱(ホットスポット)が故障の原因に…
太陽電池に影がかかると一部のセルで電流が流れにくくなり高熱を発するケースがあります。
赤外線カメラなど特殊な機械でなければ発見するのが難しく、
対応が遅れると故障に至る恐れがあります。

こんなときは不可逆性の温度ラベルを使うのが有効です。

特長

温度シール・サーモラベルは、特定温度でシャープに変色します。一度変色すると、元の色に戻らない不可逆性示温材です。
変色する示温エレメントは、特に精製された安定性のある溶融性顔料の融点を利用したものですから、示温性は正確で、高精度を示します。
示温エレメントは、耐熱性フィルムで密封されていますので、水、薬品、油等、環境雰囲気の影響を受けません。(LI、F、3E、4E、5E、8E、組合せ、0)
温度シール・サーモラベルの裏面には、耐熱性粘着剤が塗布してありますので、裏紙(離型紙)を剥がすだけで、測温部に貼って使用することができます。

温度ラボでは他にも、世界の高精度・保証付き温度シールなどを取り扱っております。


テンププレートとは ヒートラベルとは サーモラベルとは


TOPへ
call 03-3917-3185 15時までのご注文当日発送 直接メールでのご注文
即納リスト 在庫・納期・注文方法 ネットからご注文 FAXオーダーシート 無料お見積もり お問い合わせ 資料請求 大口取引のお客様
温度ラボとは? 温度シールQ&A プライバシーポリシー 会社概要 連絡先 温度ラボのサイトマップ

真空、半導体、太陽電池開発など温度測定にサーモシール・温度シールサーモラベルは温度ラボ

COPYRIGHT 2009 ondolabo ALL RIGHTS RESERVED.