温度ラボとは? 温度シールQ&A 温度シール 使用上の注意 会社概要 連絡先 温度ラボのサイトマップ
ホーム news かんたんナビ 温度から探す 温度測定製品一覧 温度シール(不可逆) 温度シール(可逆) コールドチェーン温度管理用 温度ロガー 凍結検知インジケーター 温度インク 温度分布測定フィルム 耐熱テープ カスタマイズ 事例・ケーススタディ

home > 使用上の注意

使用上の注意

ブランド別にまとめています。

temp-plate
ブランドをお選びください。
Heat-Label
ヒートラベル使用上の注意
貼付する面は、水、グリス、ほこりその他を拭ってから貼ってください。
液体および水、油、溶剤の中に浸たる雰囲気や、高い圧力のもとでは正しい示温をしません。(エレメントが溶かされる)
フィルムで表面をカバーしてあるタイプは、表面に若干の水や液体をかぶっても示温しますが、長時間にわたる使用のときは、周囲を耐熱性接着剤で完全にシールドしてください。
夏季は、輸送途中で60℃位の雰囲気を経験し、黒変してしまうことがあるので、60℃以下のレンジを 含むラベルの 納品輸送中の感温変色は、当社の責任外とします。
精度は1気圧における融点利用です。ホットプレート上にヒートラベルを貼り毎分2℃を超えない温度上昇の元で色変化を観察して検定しています。
強い減圧雰囲気内では、表面印刷インクがハガレル事があ ります。カプトンテープで表面をカバーしてください。または、6R-177Vをお使いください。(図6参照) 減圧でエレメントが窓に吸着し、クモリガラス現象で黒変を外から確認できない時は、分解してエレメントが溶けているか否かで判断してください。特にミニラベルでは識別に難があります。 
急激な温度上昇を与えると、フィルムの収縮で接着面との間にスキマが出来て反応しない事もあります。
高真空中、電磁誘導加熱、長時間加熱や、300℃以上の温度経験が予想されるケースなどでは、使用上の制限があります。 具体的にご相談ください。
9 特殊条件下の用途は、予めご相談ください。
TOPへ
call 03-3917-3185 15時までのご注文当日発送 直接メールでのご注文
即納リスト 在庫・納期・注文方法 ネットからご注文 FAXオーダーシート 無料お見積もり お問い合わせ 資料請求 大口取引のお客様
温度ラボとは? 温度シールQ&A プライバシーポリシー 会社概要 連絡先 温度ラボのサイトマップ

真空、半導体、太陽電池開発など温度測定にサーモラベル温度シール・サーモシールは温度ラボ

COPYRIGHT 2009 ondolabo ALL RIGHTS RESERVED.