使用上の注意

 

テンププレートの使用上の注意
【保管について】
使用前は30℃以下の冷暗所で保管してください。(湿度50%前後)
50℃以下のレンジが含まれるラベルは、冷蔵庫内で保管してください。
購入後、2年以内に使用してください。

 

【使用上の注意】
  • 1. 貼付する面の水、グリス、ほこりその他を拭ってから貼付してください。
  • 2. 水、油、溶剤などの液体の中に長時間浸る状況や高い圧力の下では、示温素子が溶けるため正しく変色しません。表面に若干の液体がかぶっても影響はありませんが、長時間使用する際は、周囲を耐熱性接着剤などで完全にシールドしてください。
  • 3. 夏季は、低温レンジを含むラベルの輸送・保管にご注意ください。輸送中、納品後の変色については、当社の責任外とします。
  • 4. 精度は1気圧における融点利用です。検定では、ホットプレート上にテンプ・プレートを貼り、毎度2℃を超えない温度上昇の元で色の変色を観察しています。加熱条件が異なると変色温度が変動する場合があります。
  • 5. 急激な温度上昇を与えると、フィルムの収縮で接着面との間に隙間ができて反応しないことがあります。
  • 6. 真空対応ラベルは、真空装置内での印刷インクが飛散、アウトガスの発生を最小限に抑える商品であって、真空内での温度精度を保証するものではありません。
  • 7. 減圧により、示温素子がインジケータ窓部に吸着し、黒変を確認できないことがあります。(曇りガラス現象)目視できない場合は、ラベルを分解して示温素子が溶けているか否かでご判断ください。
  • 8. 高圧下、高真空中、電磁誘導加熱、長時間加熱など経験が予想されるケースでは性能変化を起こすことがあります。特殊条件下の用途では、事前にご相談ください。
  • 9. 個別の真空度、装置への影響などのデータは当社にはありません。
  • 10. 本製品、および本製品を使用したことなどが原因で生じた、いかなる損害に対しても当社は一切の責任を負いません。

 

ヒートラベルの使用上の注意
【保管について】
使用前は30℃以下の冷暗所で保管してください。(湿度50%前後)
50℃以下のレンジが含まれるラベルは、冷蔵庫内で保管してください。
購入後、2年以内に使用してください。

 

【使用上の注意】
  • 1. 貼付する面は、水、グリス、ほこりその他を拭ってから貼ってください。
  • 2. 水、油、溶剤などの液体の中に長時間浸る状況や高い圧力の下では、示温素子が溶けるため正しく変色しません。表面に若干の液体がかぶっても影響はありませんが、長時間使用する際は、周囲を耐熱性接着剤などで完全にシールドしてください。
  • 3. 夏季は、低温レンジを含むラベルの輸送・保管にご注意ください。輸送中、納品後の変色については、当社の責任外とします。
  • 4. 精度は1気圧における融点利用です。ホットプレート上にヒートラベルを貼り毎分2℃を超えない温度上昇の元で色変化を観察して検定しています。加熱条件が異なると変色温度が変動する場合があります。使用条件はすべての事例で異なるため、正確性を保証するものではありません。
  • 5. 強い減圧雰囲気内では、表面印刷インクがはがれる事があります。カプトンテープで表面をカバーしてください。または、6R-177Vをお使いください。減圧により、示温素子がインジケータ窓部に吸着し、黒変を確認できないことがあります。(曇りガラス現象)目視できない場合は、ラベルを分解して示温素子が溶けているか否かでご判断ください。
  • 6. 急激な温度上昇を与えると、フィルムの収縮で接着面との間に隙間ができて反応しないことがあります。
  • 7. 高圧下、高真空中、電磁誘導加熱、長時間加熱など経験が予想されるケースでは性能変化を起こすことがあります。特殊条件下の用途では、事前にご相談ください。
  • 8. 本製品、および本製品を使用したことなどが原因で生じた、いかなる損害に対しても当社は一切の責任を負いません。
サーモラベル®の使用上の注意
【保管について】
使用前は冷暗所で保管してください。冷蔵保管の指定のある製品については冷蔵庫にて保管してください。

 

【使用上の注意】
  • 1. 貼付面は、水、油、さび、ほこりなどを取り除いてください。凹凸があると製品の脱落や異常変色の原因となります。
  • 2. 貼り付ける時は、裏面をはがし測温面に貼り表面を指か布で軽く押す程度にしてください。強くこすると破損したり傷着いたりして正しく示温しないことがあります。
  • 3. 製品を曲面・角面に貼付すると異常変色の原因となる場合がありますので、なるべく平面に貼付してください。
  • 4. 製品の形状は変えないでください。製品をカッターなどで切ったり改造した場合、耐久性の劣化や異常変色の原因となります。(サーモテープ®を除く)
  • 5. 製品の変色温度及び変色精度は、常圧下、室温より毎分2~3℃の上昇速度で加熱した時の変色完了点です。特殊な加熱条件下では変色温度が変動する場合があります。
  • 6. 不可逆性サーモラベル®のうち変色温度が130℃以上の製品は、1時間以上高温で加熱すると性能変化を起こすことがあります。
  • 7.高圧下、高真空下、電子レンジなどの電磁誘導加熱では、異常変色となる場合がありますのでご使用は避けてください。
  • 8.屋内専用品の指定がある製品は、屋内環境でお使いください。水・油・溶剤などの影響を受ける条件下(表面からの付着、裏面からのしみこみ、雰囲気下など)でのご使用は異常変色の原因となります。
  • 9. 本製品、および本製品を使用したことなどが原因で生じた、いかなる損害に対しても当社は一切の責任を負いません。
タイムストリップの使用上の注意
【保管について】
常温輸送可能です。
直射日光、高温多湿を避け、長期保管の際は冷暗所にて保存してください。
推奨温度 22℃ 湿度20-80%RH

 

【使用方法、使用上の注意】
◇タイムストリップ プラス・食品温度モニタリング・ラベル TP◇

  • 1. 必ず ラベルの反応温度以上の環境でボタンを強く押し、「プチッ」と音がするまで押しこんでください。※反応温度以上の環境で押さないと正しく反応しません。例:TP077(反応温度0度)の場合は0度以上。
  • 2. ボタンを確実に押すことができたらボタン右側のインジケーターに「ON」マークが表示されます。
  • 3. 「ON」マークがはっきりと表示された事を確認した上で、5分以内に「ストップ温度以下」の環境にいれてください。※ストップ温度以下の環境に入れないと色が変わり続けてしまいます。
  • 4. 「ストップ温度以下」を最低1時間は維持してください。

ストップ温度以下の環境の場合は、そのまま裏面のフィルムを剥がして測定面に貼り付けてください。
上記のステップが完了すると反応温度以上になるまでラベルは変色しません。
※(ボタンを押した後)対象物の置かれた環境が閾値を2℃以内の範囲で超えた場合、ウインドウは時間の経過とともに徐々に染色されます2℃以上の閾値超えとなった場合、急速に青く染色されます。

◇タイムストリップ ライフインサービス TL◇

  • 1.室温環境でボタンを強く押し、「プチッ」と音がするまで押しこんでください。
  • 2.ボタンを確実に押すことができたら白い枠のインジケーターに「赤い細線」が1分程度で現れます。
  • 3.ラインが表示されるのを確認してから、裏面のフィルムをはがして貼り付けてください。 ※(ボタンを押した後)対象物の置かれた環境が閾値を2℃以内の範囲で超えた場合、ウインドウは時間の経過とともに徐々に染色されます2℃以上の閾値超えとなった場合、急速に青く染色されます。

◇タイムストリップ 温度降下検知ラベル TF◇
インジケーター窓部を下に向けて使用しないでください。
本製品、および本製品を使用したことなどが原因で生じた、いかなる損害に対しても当社は一切の責任を負いません。

可逆性ラベルの使用上の注意
【保管について】
直射日光の当たる場所や湿度の高い空間に長時間放置すると、紫外線や水分の影響を受けて変質し、変色しなくなります。
使用前は30℃以下の冷暗所で保管してください。(湿度50%前後)
購入後、3年以内に使用してください。

 

【使用方法、使用上の注意】
◇TF50-70・HH50・LC43・CCM・12LF・12LR・16LR・16LR-25・デジタルサーモテープ®◇

  • 1. 耐酸性、耐アルカリ性ではありません。
  • 2. 有機溶剤との接触は避けてください。
  • 3. 100℃で10時間程度加熱されると数字の部分が白く見えるようになりますが、変色性能に問題にはありません。
  • 4. デジタルサーモテープ®は、降温時に低温側と高温側に線色の同時発色が現れることがあります。その場合は、高温側の緑色が現時点温度の表示です。

◇サーモテープ®-TR、サーモシート®-C、サーモワッペン®◇

可逆性50℃の示温材(低温時:黄色)は、直射日光の感光して黄土色に変色する場合がありますが、これは一時的な現象で時間経過とともに薄れます。温度検知性能への影響はございません。
可逆性示温材は貼付面がベークライト製の場合、示温顔料が反応し、異常変色する恐れがあります。
可逆性示温材は温度上昇時は±2℃の精度で変色しますが、温度降下による高温色→低温色への変色はヒステリシス現象で表示の温度より約15℃低くなります。

本製品、および本製品を使用したことなどが原因で生じた、いかなる損害に対しても当社は一切の責任を負いません。